FC2ブログ

むち打ちリハビリセンター【井上接骨院の交通事故治療】

交通事故にあったら・・・、まずどうしたらいいの?交通事故に一番多い【むち打ち】の症状と治療内容について。また、接骨院での交通事故診療についてをQ&A形式にまとめてみました。埼玉県さいたま市岩槻区にある井上接骨院がお届けする交通事故診療に関するサイトです。

Home 腰痛について

重いものを運ぶ時は?

下に置いてある重たいものを持ち上げる時、間違った体勢で持ち上げようとすると、腰を痛める恐れがあります。

重たいものを持ち上げる時のポイントは次のとおりです。

立ったままの状態で持ち上げようとしないこと!
前かがみの体勢は腰に大きな負担がかかります。

必ず一度しゃがみこみ、腰は曲げず体全体を使って持ちげましょう。

関連記事
なぜ腰痛は起こるの?
腰痛予防法
ぎっくり腰
腰痛の意外な原因
一覧へ戻る
スポンサーサイト



*PageTop

腰痛 その4 腰痛の意外な原因

腰痛を悪化させる原因として、精神的ストレスの影響が考えられます。
腰痛が長引く場合は、適度な運動や、家族・友人との交流など、精神的な息抜きが効果的です。

腰痛の原因また、足に合わない靴をはいている時も腰痛を悪化させることがあります。
特に女性の場合、かかとの高い靴は腰だけでなく、ヒザも痛める事があるので注意が必要です。
長さや幅をふまえ、足に合った靴を選びましょう。

関連記事
なぜ腰痛は起こるの?
腰痛予防法
ぎっくり腰
重いものを運ぶ時は?
一覧へ戻る
*PageTop

腰痛 その3 ぎっくり腰

ぎっくり腰」は、重たいものを持ち上げたり、急に体をひねったりした時などに、突然起こる腰の強い痛みのことを言います。

痛みが強い間は、楽な姿勢で安静にしているのが一番です。
個人差はありますが、座っているよりも、横になった方が楽な場合が多いです。

痛みが長引いたり、脚のほうまで痛み、しびれがある場合は、ヘルニアやその他の病気の可能性があるため、医療機関を受診しましょう。

関連記事
なぜ腰痛は起こるの?
腰痛予防法
腰痛の意外な原因
重いものを運ぶ時は?
一覧へ戻る
*PageTop

腰痛 その2 腰痛予防法

腰痛を予防する為には、腰腹部周辺の筋肉を鍛えると効果的です。
強い筋肉は、コルセット(腰部固定帯)と同じ役割を果たし、腰周辺への過度の負担を軽減させることができます。
腹筋と背筋の両方をバランスよく鍛えるのがポイントです。

自分の体力に合わせ、無理なくできる体操(腹筋運動、背筋運動等)を10回1セットで1日3回程度続けましょう。
1~3ヶ月くらいで効果が出てくると思います。

関連記事
なぜ腰痛は起こるの?
ぎっくり腰
腰痛の意外な原因
重いものを運ぶ時は?
一覧へ戻る
*PageTop

腰痛 その1  なぜ腰痛は起こるの?

なぜ腰痛が起こるのでしょうか?

腰痛は、二足歩行である人間の宿命です。
ちょっとした姿勢の変化で腰に過度の負担がかかるため腰痛を起こします。

人間の背骨は横から見ると緩やかなS字カーブを描いており、内臓を保護したり上半身を支える役割をしています。
前かがみの姿勢が続いたり、逆に体が後ろに反り返るような姿勢が続くと、このS字カーブのバランスが崩れ腰痛のきっかけになります。

腰痛を予防するためにも、普段から長時間の同じ姿勢を避け、正しい姿勢を心がけるようにしましょう。
ただし、痛いのを無理してまで姿勢を正そうとすることはありません。痛みが強い時は、多少姿勢が悪くても痛くない姿勢の方がよい場合もあります。(【疼痛回避姿勢】といいます)

関連記事
腰痛予防法
ぎっくり腰
腰痛の意外な原因
重いものを運ぶ時は?
一覧へ戻る
*PageTop

本のご紹介

 

● 交通事故、ムチウチでお困りの方へ
~交通事故治療有名治療院~
● すごいセラピスト49人に出会える本


こちらの書籍で当院が紹介されました!!

プロフィール

井上接骨院

井上接骨院むち打ちリハビリセンターブログへお越しいただきありがとうございます。

交通事故診療・むち打ち治療に関することと、私、院長井上とスタッフによるつれづれなる日記を載せていきたいと思います。

何かございましたら
お気軽に
048-756-6710
までご相談ください

HPはコチラ
http://www.inoue-sekkotsu.com/

ブログ内検索


QRコード

「ちょっとお役立ち情報」を携帯からもチェック!
【接骨院 お役立ち情報】モバイル版!

QR

RSSリンクの表示